メイドイン・トヨタと世界を繋ぐ!

物流事業領域

物流事業領域は、国内生産された自動車部品を海外の工場へ輸送するだけでなく、組み立てに至るまでの工程がいかに効率良くできるかを追い求めています。
物流企画から設計・製造・生産管理・梱包・輸送と、物流に関わるすべてを『KD事業部』『物流事業部』『輸送事業部』で分担。
培ったノウハウを海外でも展開するため、フィリピン・中国に会社も設立しました。今後も自動車産業のグローバル化をお客様と共に邁進していきます。

正体はココをクリック!!

そもそも社長ってどんな人ですか?

詳細は的をクリック!

1

奥さんの買い物の付き添い(荷物持ち)
筋トレができて一石二鳥!

変身はココをクリック!!
  1. 仕事内容について

    自動車部品を運搬するための物流器具の試作品製作をしており、鉄材料の溶接、加工作業などをしています。

  2. この仕事の面白いところ

    自分の腕さえあれば、仕事のやり方がいくらでも工夫できるところです。子供のころはプラモデルを作るのが好きでしたので、製品が完成した時は、その時の喜びを思い出しますね。出来が良いときは、ガッツポーズしちゃいます。

  • 7:40〜9:00

    作業へ入る前に
    使用器具の安全点検

    使用する溶接・加工器具を始業前に点検。安全が前提にないと作業も集中して行えません。お客様のため、仲間のため、自分のため、時間をかけてしっかり行います!

  • 9:00〜12:00

    設計者と打ち合わせのあと
    鉄材料の加工

    設計者と入念な打ち合わせを行った後、実際に鉄材料の切断作業・鉄材料の曲げ作業へ入ります。mm単位のミスで成り立たなくなるので作業中は緊張しますが、やりがいはあります。

  • 13:00〜17:00

    午後は溶接作業!

    お腹がいっぱいになったら午後は溶接作業。ここでも設計者との打ち合わせ。チームワークが大切なので、細かい確認までしっかりやります!作業が終わったら日報を提出して退社。今日も良い汗かきました!

  • 7:40〜
    出社
  • 9:00〜
    午前の作業
  • 13:00〜
    午後の作業
  1. この仕事を通して学んだこと、
    成長したところ

    学んだところは、実際に使う人の目線に立って物作りをしなければいけないと思いました。
    成長したところは、お客様のニーズに対して、アイディアが瞬間的に浮かぶようになりましたよ。

  2. この仕事に対する熱い思い

    出張で中国に行くことがありますが、外に出て、自分の腕をどんどん磨いていき、お客様が喜んでもらえるような物を作っていきたいです。

  3. 職場の雰囲気は

    先輩や上司との壁がなく、自分の意見を聞いてもらえるので、自分の思い描いた通りに仕事ができます。仲が良い分、雑談も多いですけどね。(笑)

  4. この仕事で苦労すること

    上司が求める精度の要求が厳しいですね。(笑)
    mm単位のズレで物が成り立たなくなるので、神経を使いますが、その分「やってやろうじゃないか」と燃えますよ。

求む、NEW POWER!!!